記事一覧

社会人に勇気と感動を与えてくれる作品「海賊とよばれた男」

社会人に勇気と感動を与えてくれる作品「海賊とよばれた男」


「海賊とよばれた男」は岡田准一さんが主演で映画化された小説なので,ご存じ方も多いと思います.話題作「永遠の0」の原作・百田直樹さんや主演・岡田准一さんといった製作チームが再集結したということでも話題になりましたが,話題性だけでなく内容も素晴らしい作品です.戦争の中,闘いぬく実業家の主人公の姿は社会人に勇気と感動を与えるものに違いありません.また,小説を読み始めると物語に引き込まれ,サクッと読めてしまうのところはさすが百田直樹さんの作品という感じがします.何かに行き詰まった時やこれから何かを始めようという方にお勧めです.

あらすじ


「海賊とよばれた男」は,石油会社として有名な出光興産の創業者である出光佐三をモデルとした小説で,戦時中を実業家かつ日本男児として,戦い抜く出光佐三を描いた小説です.まだ日本では石炭が主要な燃料資源だったころ,若き出光佐三は石油が今後主要な燃料資源となると予見し,石油会社を創業する.創業直後は経営も厳しかったが,出光佐三の予見は的中し,石油が様々な用途に使われるようになり,出光興産の経営が上向く.ちょうどそのころ,日本は戦争の渦中にあり,出光興産も戦争の渦に巻き込まれることになる.戦時中は,石油は戦力資源であり,石油の供給が戦争の行く先を決めるほど重要な位置づけであったこともあり,出光佐三は会社のためのみならず,日本のために奮闘する.出光佐三の活躍は日本に活力を与えたものの,残念ながら第二次世界大戦では日本の敗戦に終わり,失意に包まれる社員の中,出光佐三は社員に向かって日本の復興をともに実現しようと鼓舞する.出光佐三に具体的な復興策はなかったが,必ずや日本を復興させると心に誓う.日本復興に向けた出光佐三と社員の闘う姿を描いたストーリー.

おススメしたい人


出光佐三の直向きな姿勢は社会人に勇気と感動を与えてくれると思います.働く人であればどなたでもおススメしたい本ですが,特に,以下のような方にお勧めしたいと思います.

1.仕事で部下をもって部下との意思疎通に苦労している方


  十人十色で部下を持つと意思疎通や仕事の進め方など,さまざまな悩みにぶつかることがあると思います.そのような悩みにぶかった人にとって,出光佐三の誰よりも部下を想い,日本のために,会社のために奮闘し,社員たちから慕われる姿は参考になるかと思います.

2.まだ仕事を始める前の大学生


 「海賊とよばれた男」は小説ということもあり,今後自分が経験するであろう現実とはかけ離れた綺麗すぎるストーリーかもしれません.まだ仕事を始める前の大学生には,早すぎるかもしれません.それでも,今より過酷な環境でこれだけのことをした会社があって,実業家がいたということを知ったうえで,今後の社会人人生を歩んでほしいと思います.

まとめ


戦争の影響もあって一度は傾きかけた会社を,ただ一人もリストラすることなく復興させる直向きさと情熱,信念には感動せずにはいられません.出光佐三は社員を家族と呼び,社員も出光佐三を家族と呼ぶ.最近はリストラを早い段階でする日系企業もあるようですが(もちろん早い段階でリストラして多くの社員を守るというのも経営者の責務かとは思いますが),日系企業の人の繋がりを大切にするという特質の原点が出光興産,そしてこの小説には詰まっているのかなと思います.欧米文化の良い部分を取り入れる一方で,このような日本的な良い気質を忘れてはいけないなと振り返らさせてくれる作品です.



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント